ホーム > 絶対に触ってはいけない海の危険生物

絶対に触ってはいけない海の危険生物

可愛い魚達と触れ合うため、体験ダイビングやシュノーケリング目的で沖縄を訪れる観光客の方は多いです。しかし、海の生き物には自分の身を守るために毒を持つ危険生物も沢山潜んでいます。そこで、こちらでは「絶対に触ってはいけない海の危険生物」についてご紹介します。

ハブクラゲ

半透明なクラゲなので水中では見つかりにくく、水深の浅い場所でも発見されることがありますので油断してはいけません。ハブクラゲの触手に触れると、その部分から毒が注入されて、激痛や強い痒み、みみず腫れを引き起こす恐れがあります。また、最悪の場合、呼吸困難に陥ることもありますので十分に注意して下さい。

ヒョウモンダコ

青の蛍光色が特徴的なヒョウモンダコ。体長10cmから12cmの小さなタコで、大人しい性格の持ち主ですが、フグと同様の「テトロドトキシン」という恐ろしい毒を持っています。他のタコと比較して動きが遅く、吸盤も弱いですが、手に取るのは非常に危険です。また刺されても痛みを感じにくいため、気がつかない方も多いです。しかし、そのままの状態で放置すると、全身に毒がまわり、痙攣や呼吸困難を起こしますので注意して下さい。

オニヒトデ

オニヒトデとは、全身がトゲに覆われている大型のヒトデです。サンゴの天敵といわれ、毎年駆除活動が行われていますが、オニヒトデに刺されると数時間に及び、激痛や吐き気に襲われることがあります。また、オニヒトデに触れた直後に「アナフィラキシーショック」というアレルギー反応を起こし、死亡したケースもありますので、見つけた時は絶対に近づかないで下さい。

ガンガゼ

ガンガゼはウニの仲間になりますので、他の種類のウニと勘違いして刺されるケースが多いです。異様に長いトゲが特徴で、刺されると激痛を伴って周囲が腫れる恐れがあります。またガンガゼのトゲは体内に残る可能性が高いので、見かけた時は近づかないようにしましょう。

上記の生物に注意して、沖縄での時間をより充実したものにして下さい。

SPARKLEのボートツアーでは、体験ダイビングとシュノーケリングの2つのコースがあります。体験ダイビングに関しては、インストラクターが丁寧に指導しますので、泳げない方も初心者の方も安心してご利用下さい。また、シュノーケリングは3歳より参加可能なので幅広い年齢の方々にお楽しみいただけます。当日のご予約も可能ですが、予約優先になりますので、ご予定がお決まりの方はお早めにお申し込み下さい。人気観光スポット「青の洞窟」でより楽しい沖縄旅行をご満喫下さい。