青の洞窟シュノーケリングは小さな子供と行けるボートツアー。
大人と一緒のウェットスーツやライフジャケット着用。しかも熟練インストラクターのサポートで安心。

子供専用器材でシュノーケリング

泳げないこども達のために青の洞窟ボートツアーでは、サーフボードやお魚めがねを標準装備。

サーフボード

子供専用に作られた、柔らかい素材のサーフボード。端に空いた穴にロープを通して使います。
幼児なら三人並んで乗れ、腹ばいで海中を覗きます。大人が乗ると傾くので、つかまるだけにしましょう。

子供用マスク

顔の小さな子供たちには専用のマスクを用意してます。顔の輪郭に合わせてフィットすることが重要です。マスクの内側に鼻が入るので、口呼吸を嫌がるおこさまには向きません。

お魚めがね

別名、箱眼鏡とも言い、透明な窓の部分を海面につけて水中をのぞきます。マスクを嫌がるお子さまでも、おさかなメガネなら大丈夫。すぐに慣れて海の中の魚たちに夢中です。海面に押し付け過ぎると内側に海水が溜まり見えなくなるので、こまめな排水が必要です。

夏の暑いボートの上では、こまめな水分補給も忘れてはいけません。
スパークルでは自由に飲んでいただける冷たいお茶も用意してます。
今年の沖縄旅行はぜひ、青の洞窟シュノーケリングに子供と挑戦してみてはいかがでしょう。